TOP » 腰椎分離すべり症 » 椎間板ヘルニア

腰椎分離すべり症と椎間板ヘルニアについて




脊椎は前方の椎体、また後方の突起部から成っています。これらの間の骨が離れ、痛みを起こすものが腰椎分離すべり症です。

この症状のほとんどは第五番目の腰椎に発生します。腰椎分離すべり症や椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニアなどは、若者にとって最も悩みが多い病気です。

腰椎分離すべり症の原因である分離症になるのは、先天性の骨格の弱さであるという説が有力でしたが、最近では、スポーツ医学などの進展によって、外傷によるものであると言われています。

具体的には、比較的若い時に野球やサッカーなどの体幹のねじりや反りという動作を繰り返す種類のトレーニングを過度にすることで発症します。また、発症したままバランスの改善をせず、椎間板が弱くなってしまい、椎体が前方へとすべることが多くなります。

このすべりが元に戻らなくなった状態を、腰椎分離すべり症と呼びます。20歳から40歳ぐらいの男性に多い症状です。腰椎分離すべり症と椎間板ヘルニアでは症状が違い、腰椎分離すべり症では突発的な痛みはほぼありません。

腰椎分離すべり症はほぼ慢性的なものに限られ、スポーツや長時間の立ち仕事などで増強します。また突発的なものはなくても、症状が悪化すれば日常生活にも支障が出てしまいます。しかし、椎間板ヘルニアは痛みが激しく、痛みだけでなく、足の先にしびれが出るようになります。

両足に痺れが出るようになったら、重傷と判断されます。どちらの症状も治療方法としては、安静にするためにコルセットを装着したり、鎮痛剤や筋弛緩薬を常用するようになります。

また、筋肉の鍛錬は大事です。特にすべりを起こしている部位を筋肉がしっかり支えることが出来るようになれば、腰椎分離すべり症の症状も安定してきますので、特に腹筋や背筋は痛みが無い場合によくトレーニングすべき部位です。

また、椎間板ヘルニアにもトレーニングはとても有効な方法です。プロのスポーツ選手でも椎間板ヘルニアになる方は多いです。

椎間板ヘルニアは痛みが酷いため検査をしなくても症状は分かりますが、腰椎分離すべり症は痛みが出ないことも多いため、特に治療をしなくてもよいという考え方をされる医師もいます。

このようにバランスのよい筋肉があっても発症してしまうということも言えますが、逆にバランスがよければ治療も不要ということにもなります。

しかし、腰椎分離すべり症で痛みがある方にとっては、苦痛のなにものでもありません。どちらの症状も早め、早めに治療をすることが痛みを改善するための最善策となってきます。


中川式腰痛治療法