TOP » 腰椎分離すべり症 » 腰椎分離症すべり症

腰椎分離症すべり症について




腰椎分離すべり症とは腰椎分離症から進行したものです。名前が似ていることから同じ呼び方が色々ある、というように感じられる方も多いようですが、根本的に全く違う症状になります。

腰椎分離症は、椎骨棘突起と呼ばれる部位が疲労骨折などで折れてしまう症状で、主に腰の痛みが自覚症状となります。

それに対して、腰椎分離症から進行したこの病は、椎骨がすべった状態になり、腰の痛みはもちろんのこと、しびれや激痛、そして歩けなくなってしまうケースもあります。

急性期の痛みとしては、ぎっくり腰と同じ痛みと言われていますが、ほとんどの場合、だるいような重苦しい痛みで、そのため治療を遅らせてしまう原因になることが多く、劣化を進行させてしまって、治療を長引かせる原因にもなっています。

年齢が若いうちに、野球やサッカー、バレーボール、柔道などの過激なスポーツを過度にしすぎ、また、うまく筋肉をほぐすこともままならなかった場合に腰椎分離症を発症することが多く、また、治療をせずに、腰に余計な負担をかけることで悪化します。

年齢が若ければ、腰椎がすべっても瞬間的なケースが多く、すぐに元に戻す力が働きますが、加齢によって衰えた靭帯は、この反発する力を失い、また一度すべってしまうと元に戻しにくくなります。

このように加齢によってだんだんと痛みが大きくなることが主訴であるため、突然の痛みであれば検査を受けたのに、という風に悔やまれることも多くなります。腰椎分離症が進行し、その間、立ち仕事や無理な姿勢を続け、やがて神経症状を発症します。

腰椎分離症の痛みがあまりなくても、早め、早めの治療をすべきです。病院で簡単なレントゲン検査をするだけで症状が分かります。そのまま油断をしていると、脊柱狭窄症を発症してしまう場合があり、日常生活もままならなくなります。

その場合、手術をしなければならなくなってしまうケースもあり、仕事や日常生活などにも影響が出てきますので、腰椎分離症だと分かったら、早め、早めの対処をすることが求められます。

また、一度すべってしまった状態を元に戻すには、かなりの根気と努力が必要となってきます。まず、腰椎分離すべり症を発症してしまう多くの方は、体のアンバランスを引き起こしている場合がほとんどです。

まずは、この体のアンバランスをしっかりと矯正し、体のバランスが元に戻ったら、徐々に腰椎周りに筋力をつけていく作業を行います。

また、腰椎分離すべり症を発症していても、自覚症状が無い方も多くいますが、この人達の共通点は、腰椎周りにしっかりと筋肉がついていることにあります。

腰椎周りにしっかりと筋肉がついていることにより、すべってしまっている部分を筋肉がカバー出来ているので、痛みを発症せず、本人の自覚症状がないことが分かっています。

ですので、腰椎分離すべり症を完治させるためには、腰椎周りに筋力をしっかりとつけていくことがとても大事になってくるのです。もし、今まで色々な治療法を試したけど、改善出来ていなかったとしたら、腰椎周りの筋力が不足していることが原因かも知れません。

そのような方は積極的にトレーニングを行い、すべってしまっている腰椎を筋力でカバーできるように努力していくことが求められます。


中川式腰痛治療法