TOP » 腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症

すべり症の治療を整形外科で受ける


腰の痛みが長く続く辛いすべり症と言ったいわゆるすべり症の治療ですが、あなたはどのようなところで治療を受けているでしょうか。整体でしょうか、それともカイロプラクティックでしょうか、鍼灸なども考えられます。このようにすべり症の治療をするにも様々な方法が浮かびます。そこで、今回あなたにお伝えするのは整形外科による治療です。

実は腰痛と言うのは疾患の中でも非常に複雑な部類にあり、病院によって診断が異なることも珍しくありません。しかし、整形外科はこの腰痛に関して専門であり、特に脊椎専門医がいるところならなおさら安心です。整形外科と言うのは疾患を特定することにおいて非常に優れています。

整形外科の診断はまず問診から始まり、その後問診の結果を踏まえ触診などの診察に進み、必要があればX線レントゲンやMRI、またCTなどの画像診断が行われます。このように整形外科ではより客観的に正確に病状を診断することが出来るのです。治療をするにあたって確かな疾患の内容を把握することは、効果的な治療をするのに必要不可欠です。

そしてもう一つ整形外科の強みが神経ブロック注射を使用することが出来るということです。神経ブロック注射とは、痛みの発生する元となっている神経や、その周辺組織までブロック針を刺入し、その後局所麻酔薬を作用させることで痛みを抑制・抑止することが出来ます。

この神経ブロック注射には優れた鎮痛効果と即効性を持っているので、とにかく痛みを解消したいと言った時にはとても有用な治療法です。このように整形外科と言うのはすべり症に対しても非常に有効な治療をすることが出来ます。

もし保存療法において効果が挙げられなかった場合には、手術療法も医師との相談の上で行うことが出来ます。は整形外科に一度かかってみることも選択肢の一つとして持っておくことも良いのではないでしょうか。