TOP » 脊椎分離症 » 脊椎分離症と腰椎分離症

脊椎分離症と腰椎分離症について




脊椎分離症は腰椎分離症とも呼ばれます。腰の部分にある脊椎である腰椎が離れてしまい、体幹を上手く支えることが出来なくなる症状ですが、少年期の過激なスポーツが最も多い原因であると言われています。

その他の原因としては先天性のものや、高齢化による脊椎の弱体化が考えられます。主に第五番目の腰椎に多く起こり、体を捻ったり反ったりするときに一番負担がかかる部位であると言われます。

自覚症状は腰痛症のような痛みです。また時には下肢にも痛みがしびれが出ることがあります。日常的に、長時間の立ち仕事や、腰を曲げての作業、デスクワークなどが症状を悪化させることが多く、背中を後ろに反らせたり、捻ったりする動作も厳禁です。

また、激しい運動をしている場合には、腰が抜けるような感覚になることがあります。症状が進行していきますと、すべりが進行してしまい、腰椎分離すべり症に進行してしまいます。

正常であれば湾曲の形にきれいに繋がっているはずの腰椎の1つが前方へすべり、痛みを発症する症状をすべり症と言います。この症状に進みますと、神経症状が出ます。

同じ姿勢を維持すると、腰が痛み、足にも痛みが出たり、突っ張り感が出ます。治療には早期発見と早期治療が完治のために原則です。しかしながら、少年期ではなかなか痛みも現れず、ついつい成年後まで放置しているというケースが多いのが現状です。

また、早期発見をすれば癒合をしてスポーツをすることが出来るようになりますが、激しい運動をした場合には毎日ほぐしてやることが必要です。負荷を貯めこんだまま、毎日不可を増やすことが発症の原因ですので、再発しないとも限りません。

慢性期まで進んでしまったケースでは、多くが保存療法で患部を改善させますが、筋肉を鍛えるリハビリが大切になります。筋肉が正常な状態であれば脊椎をサポートし、痛みも発症しないはずが、筋肉が弱いために痛みが出ているというケースが多いためです。


中川式腰痛治療法