TOP » 脊椎分離症 » 手術について

脊椎分離症の手術について




脊椎分離症の治療の基本は安静にすることが求められますが、レントゲンの結果で患部に癒合の可能性があれば、脊椎部分を安静にすることで症状を改善させることが出来ます。

また、痛みが出現しないまま慢性期に入ってから発見することも多く、この場合は保存療法を用いるようになります。慢性期にある場合、脊椎の痛みがひどく、日常生活にも支障があるケースでは手術も検討します。

手術では固定術と呼ばれる方法を適用します。脊椎が分離した部分を固定して元に戻すのですが、患者の体にとっては負担が多き過ぎる場合もあります。その場合は、よく考えてから最善の治療方法を決定する必要があります。

固定術は、患者自身の脊椎を移植する方法、または人工の素材を用いた脊椎を移植する方法、そしてインストルメントと呼ばれる医療素材を使用して固定する方法があります。インストルメンテーションを用いれば、治療も早くなり、退院日数も削減することができます。

手術方法は切開術ですので、大体一ヶ月の入院期間が必要です。術後は3日程度でリハビリを開始しますが、簡単な歩行訓練を短い距離から試行します。レントゲンを撮りながら経過を見て、退院の準備をしていきます。

手術で固定すると、脊椎分離症は解消されますが、移植したことで生じる違和感が大きい場合も多々あります。そのためリハビリによって体に慣れていくことは必須です。退院後はリハビリを続け、コルセットを装着することが義務つけられます。

また、定期的に通院しレントゲン検査で経過をチェックしていきます。自宅にいる場合にどのような姿勢を禁じられているかはその人の脊椎の状態によって微妙に異なりますので、医師とのコミュニケーションはより大切になってきます。

また、過度なスポーツをしても、定期的にクールダウンをすることが大切です。筋肉に負担をかけながらスポーツをすると、再発する恐れも十分にあります。特に高齢化した患者さんは無理をしないことが予防の前提です。


中川式腰痛治療法