TOP » 脊椎分離症 » サインについて

脊椎分離症のサインについて


脊椎分離症の原因のほとんどが、少年期に過激なスポーツやトレーニングを行うことです。激しい着地や体幹の捻り、反りなどの反復によって腰椎が疲労骨折を起こしてしまいます。

また、腰の痛みを訴える子供は増加していると言われています。子供の体は昔に比べて体力の低下が顕著で、ケガや病気になりやすく、また、環境の変化も原因の一つだそうです。

つまり、過激なスポーツをすること、そして悪い姿勢でテレビを見たりすることが重なって腰の痛みを訴えた場合、それはただの腰痛ではなく病気のサインであると認識してあげることが重要です。

また、子供の場合は腰の痛みはすぐに引いてしまうことが多いため、そのサインは見逃すことができません。二度と痛みが無いまま、成人した時にすでに慢性化し、すべり症に発展するというケースも多くあります。

また、スポーツばかりが原因ではなく、体力の不足によるケースや、先天性の場合も十分に考えられます。野球やサッカー、柔道などが特に危険が大きく、その影響のほとんどは第五番目の腰椎に起きます。

スポーツをしない子供との比較では、約三倍の危険性があります。脊椎分離症のサインがあっても、たまたま腰に負担のかかる作業をしたというケースもあるでしょう。

しかしながら、レントゲンやMRIで詳しくチェックすることで早期に治療が可能になり、また、骨癒合の可能性も高くなります。脊椎分離症は触診や患者自身の感覚、などではうまく捉えることができません。漠然とした腰の痛みが兆し、サインです。

また、慢性期に入った状態でレントゲンを撮影すると、脊椎の折れた部分はスコッチテリアサインと呼ばれる犬の首に首輪が付けられたように写りますが、やはり病院に行かなければ分からないことです。

成人してからも腰のサインには注意しなければなりません。脊椎分離症が進行したすべり症になるケースも多くなります。

また、歩行障害や間欠跛行という症状が出ますと、脊柱管狭窄症の恐れもあります。腰のサインに出来るだけ早く気づき、早め、早めの治療が痛みを改善する方法です。


中川式腰痛治療法