TOP » 脊椎分離症 » 専門医師について

専門医師について




脊椎分離症は、患者さんの一部は遺伝が関与していると考えられていますが、ほとんどの原因は少年期の激しいスポーツやそのトレーニングによる疲労骨折であると言われています。

もし、13歳前後の子供さんが運動時に腰の痛みを感じたという場合には、出来るだけ早めに専門医師に診てもらうことが必要です。またこの場合、脊椎の専門医師は比較的大きな病院を当たることが必要になりますが、近くの病院に脊椎の専門医師がいない場合も多いでしょう。

この場合はスポーツを一時的に休んで受診を待つことが必要です。専門医を探す場合、インターネットでも探すことが出来ます。日本脊椎脊髄病学会のサイトをチェックすれば、勤務されている病院のリストなどから場所を特定することも出来ます。

また、脊椎分離症患者を延べ1000人以上治している、中川卓爾先生はとても有名です。どこに行っても改善されない方は一度、中川先生を訪ねてみることをお薦めします。

また、小さな整形外科でも診断は可能ですが、脊椎分離症を診るということであれば、やはり専門医師に診てもらった方が良いでしょう。

比較的に早期の場合ではレントゲンだけでは難しいため、CTやMRIなどのコンピュータ技術を使用します。早期であればまた、骨癒合の可能性も高いため、脊椎専門の医師にかかることなく安静治療で治癒される場合も多いでしょう。

脊椎分離症の専門医を探す場合、名医を探したいと思われる方は多いようです。脊椎分離症が慢性期にかかると、癒合は難しくなり、またすべり症など他の病態へ進行する可能性も高くなりますので、早めに出来るだけ満足のいく治療を希望するという考えは誰もが持つかもしれません。

タレントのみのもんたさんの手術を執刀された福井先生など、大きな病院には熟練の医師が多くいますので、予約をしてみるのもいいでしょう。

また近場での治療でも、大きな病院を紹介してもらえますので、相談してみると良いでしょう。脊椎分離症の基本は保存療法ですので、まずは保存療法を試してみてから、手術を受けるのであれば大きな病院に行き受けることが望ましいかと思います。


中川式腰痛治療法