TOP » 脊椎分離症 » 治療法について

脊椎分離症の治療法について




脊椎分離症の治療法の基本は保存療法です。早期発見したケースでは、癒合する可能性があるため、安静にすることが最も大事です。

多くは過度のスポーツトレーニングをすることが原因で脊椎分離症となりますが、スポーツをせずに出来るだけ安静にし、治療をすることが必要です。

脊椎分離症の保存療法には様々な種類があり、それらを組み合わせて適用することになります。代表的なものはコルセット等の装具療法、鎮痛剤などの薬物療法、温熱などの理学療法、ブロック療法などが挙げられます。

脊椎分離症の痛みが比較的大きいケースではブロック注射を行い、筋肉の緊張をほぐして血行を高め、患部への栄養を行き渡らせながら自然治癒の効果を狙います。

この他には、リハビリを主にメニューに取り入れる方法もあります。安静にしていると、筋肉は弱ってきますので、この弱った部位を集中して鍛えます。

腰の筋肉を鍛えるためには、ストレッチ体操や筋力トレーニングを行い、背骨自体を正しく支え、コルセットの役目を果たすようにします。このような体操を定期的にすることが理想です。

休めば休むほど痛みもぶり返し、いつまで経っても痛みから逃れることができなくなってしまいます。筋力アップは一朝一夕では成立しません。痛みが引いた状態で常に行うことが原則です。

トレーニング方法としては、中川式ストレッチ&トレーニングと呼ばれる治療法はとても簡単で分かりやすいようです。脊椎分離症の痛みがひどく、保存療法が適用できない状態になれば、手術を検討します。

主に固定術を行い、脊椎をもとの位置に固定します。患者自身の骨盤などから移植をして骨を利用したり、人口の骨を用いる場合もあります。また、インストルメンテーションと呼ばれる治療方法で、医療素材を用いて強固に固定する場合もあります。

背中側から切開をし、神経の除圧などを行った上で、脊椎に骨を移植する方法ですが、患者にとっては負担が比較的大きい場合もありますので、高齢者にはあまり適用できない方法です。


中川式腰痛治療法