TOP » 脊椎分離症 » 術後について

脊椎分離症の手術を受けた後の術後について




脊椎分離症にかかり、対症療法をしてみても、脊椎分離症の症状が一向に改善しないという場合には、手術をすることがほとんどです。また、術後は長期に渡っての安静、そしてリハビリが必要です。

術後、三日程度は安静にするばかりということが多いですが、その後は、歩行練習などを開始し、歩行の距離を毎日延ばしていくようになります。歩行に何も支障が無いようであれば、日常的に必要な動作などを訓練していきます。筋力トレーニングも欠かせません。

安静にすることで弱っている全身の筋肉をマッサージでほぐしながら、腹筋や背筋を中心に筋肉を鍛えていきます。術後入院中では大体はこのようなメニューを消化することになり、一ヶ月程度が退院の目安です。

また、退院後もコルセットを着用しながらのリハビリメニューは義務付けられます。また、一ヶ月も経てば一人での移動もスムーズになることが多く、水泳などに通って効果的にトレーニングをする方も多いでしょう。

スポーツの中でも特に水泳や水中歩行は腰や脊椎に負担をかけずに筋力をアップさせることができます。焦らずにゆっくりと、あまり疲れないようにすることがコツです。

また、退院後も定期的に通院し、経過を診てもらう際には、体の異常などをよくチェックして報告などするべきでしょう。脊椎分離症では主に固定術を適用しますが、脊椎分離症の痛みを取る目的で内視鏡手術を適用する場合もあります。

こちらのケースでは3日で退院できる場合も多く、抜糸をするのも外来で出来る場合が多いようです。内視鏡ではかなり小さな切開で顕微鏡を使って神経根を圧迫している骨や脊椎を切除し、神経根を開放することで痛みから開放されますが、患部の状態によっては選択できない場合もあります。

術後は、患部の状態は正常な状態に戻りますが、特に固定術の場合、腰や脊椎に大きな負担がかかります。トレーニングをした場合でも、思わぬ負担が出現するということのないように、出来るだけエネルギーを温存するように努めることが推奨されます。


中川式腰痛治療法