TOP » 脊椎分離症 » 症状について

脊椎分離症の症状について




脊椎分離症とは、椎間関節の基部の骨が離れてしまう症状を言います。その原因として最も有力なのは、スポーツなどをして骨に過度の負担がかかって起こるという疲労骨折の考え方です。

つまり、骨が十分に発達していない少年期に激しいスポーツで腰部に過度の負担がかかり、骨と骨が離れてしまうと考えられています。脊椎分離症では、腰の激しい痛み、または進行を起こした下肢痛が主な自覚症状です。

また、腰の痛みについては急性期の強い痛みから、慢性期の軽度の症状まで様々です。腰を使い、動作していると急激に痛みが起こることがあります。痛みが起こると、腰椎の周囲の筋肉は緊張を高めていきます。

このことから、より腰は不安定になっていき、さらに痛みも大きくなるという悪循環を起こしてしまいます。慢性期には、主に腰を反させることで痛みが感じやすくなります。

このように痛みが頻繁に起こる、間違えた姿勢をすると急に痛むというケースも多いですが、無症状であるケースも同じように多く、そのままでスポーツなども続ける方もいらっしゃいます。

痛みの症状がある場合には、コルセットなどで患部の動きを制限し、間違えた姿勢なども取りづらくしますが、痛みが無いときを見計らって、ストレッチなどをしないと、筋力が低下して体のバランスを悪化させ、治癒の力も低下させてしまいます。

また、きちんと治療をすることでだんだんと回復しますが、成人後に発症した場合、色々な問題が起こる可能性が高くなります。代表的なものは脊椎すべり症です。

脊椎すべり症になりますと、坐骨神経痛や歩行障害、しばらく歩くことはできても途中で休まなければならなくなり、また休むことで回復してくるという間欠性跛行になる可能性が高くなります。この進行を防ぐにはやはり、脊椎分離症をきちんと治療することが必要です。


中川式腰痛治療法