TOP » 脊椎分離症 » 脊椎分離症について

脊椎分離症について




脊椎分離症とは、背骨を構成する腰椎の椎弓の上下関節突起部分が断裂した状態を云い、主には第4腰椎と第5腰椎に起こります。10代の前半から、壮年期にいたる比較的若い世代において激しいスポーツを行った人に多く見られる症状です。

また、骨が離れてしまった場合、腰椎との連結ができなくなり、不安定な状態を維持したままで、周りにある靭帯や筋肉に負荷がかかり、長時間の立ち仕事など同じ姿勢でストレスを貯めることで、その負担が痛みとなって出現します。

また、椎間板ヘルニアを起こすこともあります。そして、すべりを起こす方向に対して大きくすべるようになると、脊髄神経が圧迫されて坐骨神経痛を引き起こすこともあります。

スポーツを好んで毎日される子供さんの腰の痛みのほとんどが、この脊椎分離症ですので、特に親御さんや周囲の方は気にしてあげることが必要です。

治療の基本は保存療法が主なものになります。急性期には痛みが大きいため、コルセットなどで固定し、出来るだけ安静にすることを心がけます。3ヶ月位で比較的症状は軽くなってくることがほとんです。

症状が治まったら腹筋や背筋を特にバランスよく鍛えることが必要です。慢性期は比較的痛みは弱くなりますので、体操やリハビリなども主なメニューになります。

この病気はレントゲンで発見されることが主です。出来れば痛みが無いような子供さんでも、定期的にチェックするようにすると早期発見、早期治療につながり、安定してスポーツに取り組むことが出来るようになります。

また、痛みが無いというケースでは、スポーツを続けても問題ないと考えられますが、出来れば安静にして癒合したほうが、後になって痛みを発症しないようにするためにもいいでしょう。注意しなければ、すべり症に進行する可能性も高くなります。


中川式腰痛治療法