TOP » ニュース/トッピクス

ニュース/トッピクス

お薦めサイト情報

子供の視力は回復することが可能です
子供の視力を回復させる方法について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

犬のしつけを学ぶなら遠藤和博先生がお薦めです
犬のしつけを習うならテレビチャンピォン2年連続優勝の実力を持つ遠藤和博先生から学ぶことをお薦め致します。

バストアップの正しいやり方をご紹介しています
胸を大きくしたいと願っている女性はこちらのサイトを一度ご覧になることをお薦め致します。

腰椎分離症は高齢者になればなるほど注意する必要がある


腰椎分離症患者の中でも特に多いのが60歳以上の高齢者といわれています。どんな病気でも言えることですが、高齢者になると病気に対する抵抗力や回復力の低下など多くの要素が重なり、中々病気を治すことができなくなってしまいます。高齢者が腰椎分離症になると、治療が上手く進まないことも多くなってくるので、早めに対策をとる必要があります。

老後を健康な身体で過ごすには身体の組織の劣化を食い止めることが一番大切です。何の対策もとらないままだと筋肉はしぼんで身体に掛かる負荷を分散することができなくなりますし、骨もどんどん脆くなり骨粗しょう症になる可能性も跳ね上がります。

こんな身体で腰椎分離症になってしまった日には、あっという間に悪化して分離すべり症や脊柱管狭窄症にまで発展し、後々まで後遺症に悩まされる可能性まで出てきます。腰椎分離症の手術はあちこちの骨を削ったり穴を開けたり人工パーツを取り付けたりと大掛かりな作業を行わなければならないので、高齢者の身体に掛かる負担は相当なものです。

体力が低下しがちな高齢者にはかなり辛い治療になるので、その前の予防が非常に重要な意味を持ってきます。毎日少しずつでもいいのでウォーキングやストレッチといった軽い運動をしたり、栄養補給を行うなどとにかく身体の組織に劣化を防ぐために行動しましょう。

そしてポイントは体全体に適度な筋力をしっかりとつけることです。腰椎周りにしっかりと筋力がつけば腰の痛みなどを発症することはありません。高齢者にとっては筋力トレーニングなどはとても辛い作業になることもありますが、いつまで健康でいるためにも努力する必要はあります。

また、高齢者の腰椎分離症は今までの生活態度がどうだったかによって発症するかどうかが変わります。腰や首に掛かる負担に負けないような身体作りさえ行っていれば、腰椎分離症になることはありません。