TOP » メニュー

メニュー

腰椎分離症を悪化させないために


腰椎分離症は、実は悪化させさえしなければ特に目立った症状が表れないといいます。初めに腰椎の一部が折れることによって痛みは出るものの、それ以降は椎骨がずれ込んで神経が圧迫されるようになってから痛みが出るので、椎骨のずれ込みさえ起きなければ、症状の悪化や痛みを感じないまま治療を済ませることも不可能ではありません。

では、腰椎分離症を悪化させないためにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか。腰椎分離症による痛みの原因は、椎骨のずれ込みによる神経の圧迫です。そのため腰椎分離症を早期発見した場合は、コルセットなどで腰を固定して骨がずれ込まないようにすることで折れた骨の回復を促します。

ですので、腰椎分離症を悪化させないためには椎骨がずれ込むような負荷を極力与えないようにする事が重要です。例えば筋力トレーニングを行って、椎骨に掛かる負荷を外部に分散する事が出来るような身体作りをおこなったり、患部の指圧マッサージなど間違った治療を施さず外部からの負荷を極力抑えるようにすれば、症状の悪化を食い止める事が出来るでしょう。

腰椎分離症の悪化を食い止めるには何より普段の生活で受ける負荷を抑えることが大切です。特にデスクワークや車の運転など長時間同じ姿勢で過ごす事が多いという方は、腰に常に負荷を掛け続けているのと同じ状態なので注意するようにしましょう。

また、普段運動不足の方はさらに腰椎に掛かる負担が増大するので、適度な筋力トレーニングを行うことを心がけるようにしてください。この際行なうトレーニングはそれほど厳しいものでなくても大丈夫なので、トレーニング内容を専門家と相談しながらゆっくりと筋肉を作っていきましょう。

腰椎分離症に発症してしまった際はとにかく早期発見と治療、そして何より症状を悪化させないことが大切です。腰に何かしらの違和感を感じたときはすぐに病院に行って詳しい検査を受けてから適切な治療を受けるようにしましょう。そうすれば症状の悪化を防ぐ事が出来ますし、折れた骨も元通りになるでしょう。