TOP » 腰椎分離症1 » 症状について

症状について




腰椎分離症の主な症状は、腰の痛みが特に強く、腰を後ろ側へ反らせるようにすると、痛みが増すのが特徴です。その他にも、痛みが酷くなる原因は多く、長時間の立ち仕事や、腰を曲げていなければならない場合などには痛みがより激しくなる傾向があります。

また腰椎分離症の慢性期には、安静にしていても、腰に重いような痛みやだるさなどを感じます。痛みの主な原因はずれてしまった骨が筋肉を刺激し、炎症を起こしていることがほとんどです。しかし、自覚症状が無い人も多くいます。

特に、少年期の激しいスポーツをして、何年も痛みが無い場合が多くあります。そして、成年を過ぎた辺りで痛みがやっと出た場合、多くは慢性期に入っていますので、骨が癒着することは難しくなってきます。

その他には、画像診断などで見ると分離を起こしているのに、一度も痛みが起きないケースもあります。そのような方は筋肉や靭帯が強靭で、その分、骨を十分にサポートしているからと言えます。

実はここに腰椎分離症を完治させるヒントがあります。それは、腰椎周りの筋肉や腱をトレーニングにより、しっかりと鍛えることが出来れば、分離を起こしている部分を、筋肉のコルセットで補助出来るようになり、痛みも改善に向かうことが可能なのです。

しかし、気を付けて欲しいのは自己流で行うのではなく、必ず専門家の指導の元、行うようにして欲しいということです。また、体全体のバランスを崩していると、偏って筋力が付いてしまうこともありますので、体のバランスが崩れている人は、しっかりと体のアンバランスを矯正してから行うようにしてください。

また、状態が酷い場合、すべり症に発展する場合があり、その症状は臀部の痛みや下肢のしびれなどが挙げられます。また、他の大きな腰痛へと進行するケースも多いので、症状をよくチェックして判断することが重要です。

これらはぎっくり腰とは違います。ぎっくり腰は腰椎分離症の急性期の症状に似ています。分離が起こる瞬間にそれを止めようと筋肉が反応し、その結果、筋肉が炎症を起こすことになってしまいます。

このような症状には、消炎効果のある鎮痛剤などがよく効きます。また、ぎっくり腰の場合はその反応によって抑えが効いた場合の痛みですので、かなり痛みは増しますが、腰椎分離症では弱い筋肉が反応できなかったケースですので、それほどではありません。

腰椎分離症を改善するには早期発見と、早期治療が最も効果的な治療方法ですが、このような痛みのバランスに気付かずに、つい放置してしまうことも多くあります。痛みがなければ常にトレーニングやストレッチなどをして、筋力強化することを求められます。


中川式腰痛治療法