TOP » 腰椎分離症1 » 対処法について

対処法について




腰椎分離症には様々な対処法があります。まず、分離を起こした部分は修復をすることが可能で、分離した箇所を修復するには安静にすることと、腰椎に十分な筋力をつけることで成立させることができます。

そして、体を捻ったり、反ったりすることには特に注意して日常生活をし、出来るだけ安静にする時間を取ることが大事になってきます。

ほとんどの腰椎分離症は、過激なスポーツを少年期にすることで起こる腰椎の疲労骨折ですので、スポーツをしているのであれば、中止することが望ましいと言えます。

また、安静にするばかりでは腰椎周りの筋力が落ちてきますので、運動療法による筋力トレーニングやストレッチなども定期的に行うことが推奨されます。大腿部や、腹筋、背筋の鍛錬などが主なものになります。

また、安静にしていると言っても、寝ているばかりでは全身が弱くなりがちですが、コルセットなどの装具を装着し、単に歩くことでも起きる患部への負担を減らすことも必要です。

腰椎分離症の急性期でないケースでは、痛みがないことがほとんどです。痛みが出たから病院に行き、レントゲン検査などをして、初めて分かったという場合は、発症してからかなりの時間が経過していることが考えられます。

この場合の対処法としては、よく担当医などのアドバイスを取り入れて、治療に励むことです。骨がつく見込みがなくなった腰椎分離症は、腰椎周りの筋力をつけることが大事になってきます。

腰椎分離症は多くのスポーツ選手が発症しています。しかし、レントゲン上では分離を起こしているのにも関わらず、痛みを発症していない選手は多くいます。

痛みを発症していない理由としては、大腿部や、腹筋、背筋の筋力が普通の人よりも多く発達しているために、腰椎分離症が発症していたとしても、それを補う筋力があるために、痛みが出ていなことが多いのです。

ですので、このような理由から、腰椎分離症を改善するには、腰椎周りの筋力強化は欠かせないのです。また、腰椎分離症は運動すると痛みが増してくるという特徴があります。そして、無理に痛みを起こす動作をすれば、それだけ症状が悪化してしまうこともあります。

その場合、それ以上症状を悪化させないためにも、コルセットなどをして筋力トレーニングを行わなくてはなりません。しかし、そのタイミングを取ることはかなり難しい場合もありますが、病院でアドバイスを受けながら治療していく必要があります。

この場合もまた、筋肉のバランスを取るために体幹部分の特に腹筋と背筋のトレーニングは欠かせません。その他にも対処法として、薬物やブロック療法を用いて効果的に治癒力を蓄えていくことが望ましいと言えます。

このように腰椎分離症は長い付き合いになることが常で、少しでも油断をすると再発しやすいものですので、症状が良くなったらといって、油断せずに予防していくことも大事になってきます。


中川式腰痛治療法