TOP » 腰椎分離症1 » 予防法の仕方

予防法の仕方について




腰椎分離症を予防するためにはどうすればいいか、それは、腰椎分離症の多くの原因となる、オーバートレーニングを出来るだけしないことです。

しかし、スポーツが上達するためにも出来るだけトレーニングは止めたくないという方は多いはずです。であれば、トレーニング後は出来るだけ筋肉を休ませ、また、次の練習のために体を整えてやることが予防法に繋がってきます。

過度の筋肉疲労の中で無理に続けるのは良くないので、一定時間休ませることも必要です。一日の練習が終った後で、効果的に筋肉をマッサージし、クールダウンすることで、腰椎分離症の予防法に繋がっていきます。

また、スポーツ自体の技術をもっと高めることも大切です。腰椎分離症を発生する多くの方は、中学生の頃が多いですが、ほとんどは技術的に未熟なために起こります。例えば、ボールを蹴るという動作をするにしても、そのインパクトは自分に跳ね返ってきてしまうことになりがちです。

本来のイメージは、ボールにインパクトを移動して、力をリリースしてあげることです。プロの選手でも腰椎分離症を発症するケースがありますが、若い頃にはそれほど上達が早かったという方は稀でしょう。

しかし、もっと大きな問題がもう一つあります。それは、指導する側の知識不足ということです。スポーツ自体の技術を上げることも大事ですが、体のケアをすることの方がもっと大事なのです。

ですが、この体をケアできる指導者が余りにも少ないのが現状です。腰椎分離症は小学生~中学校2年生位の子供に非常に多く診られますが、実は技術の問題だけでなく、指導する側がトレーニング前後の、体のケアの知識を持っていないため、腰椎分離症なってしまっていることが多いのです。

過度の運動によって、いくら体のケアをしていても腰椎分離症になってしまうことはありますが、ほとんどの場合、体のケアが出来ていないことにより、腰椎分離症を発症しているケースがほとんどなのです。

ですので、予防法としては、もっと指導する側が正しい体の知識を身につけて、しっかりと体のケアを行っていけば、腰椎分離症を発症することを抑えられると思います。

その他、腰椎分離症の予防法として考えられるのは、定期的にレントゲンを撮影して、チェックすることです。骨にちょっとした歪みが出たりしたら、休むことを考え、その間に効果的に体をほぐすなどのケアをしていくことを心掛けます。

最近ではサッカー等を教える側からも、腰椎分離症の対策として予防法を取り入れているというところは多いようです。それだけ、小中学生に腰椎分離症が多いということでしょう。

小学校の時にはそれほど過激でなかったという場合、中学校に入って特にトレーニングが厳しくなるという例もありますが、成長の速度は人それぞれですので、まだ十分でない場合には急性的に発症する例も少なくありません。

ですので、スポーツする側で日常的にそれぞれの状態に合わせてチェックしていくことも必要になってきます。また、子供は痛みがあっても無理に運動をしがちなところがあります。

その場合、子供の様子を親が伺ってあげることが大切になってきます。小中学生のお子様をお持ちの親御さんは、子供の状態を出来るだけ把握し、何かおかしいと感じることがあれば、すぐに病院などで診察を受けることが予防に繋がってきます。


中川式腰痛治療法