TOP » 腰椎分離症1 » メカニズムについて

メカニズムについて




腰椎分離症のメカニズムはそれほど複雑なものではありません。その原因として考えられるのは、少年期の十分に発育していない時期のスポーツによる疲労骨折です。

しかし、昔であれば、小学校の世代では激しいスポーツをすることあまりせず、常に外で存分に遊びまわる環境が多かったこともあり、現代の子供にはかなり体に無理をかけてしまっていると言えるかもしれません。

ですが、腰椎分離症を子供達が発症してしまう、もう一つの原因は他にあります。それは、子供達を指導する側の体に対する無知なところにあります。腰椎分離症はしっかりと予防すれば防げるものです。

しかし、子供達を指導する側のトレーナーや、学校の体育教師などのほとんどはスポーツ医学に関することは無知と言っても過言ではありません。運度前などに簡単な準備体操を行う位で、体のメンテナンスをしっかりと出来る指導者がいないのが現状です。

子供達が体が発育していない時期に無理な運動をすることも、腰椎分離症を発症してしまう原因の一つではありますが、もう一つの大きな問題は指導者側の体に対する知識不足にあります。

ですので、指導者側がもっと体に対して真剣に向き合うことが出来れば、子供たちの腰椎分離症は防げるものと思います。また子供達が、スポーツなどで負担をかけてしまう部位は、特に腰椎の5番目が最も多いです。

体を反る、捻るという動作が特に負担になる部位です。また、この動作を制限することは現代のスポーツを拒否することになります。腰椎分離症のメカニズムは患部への大きなストレス以外の何物でもありません。発育期を避けてスポーツをすることで、原因を排他することが可能になり、危険性も減らすことができます。

腰椎分離症は、正常であれば骨がついている状態から、椎弓が離れてしまった状態をいいます。また、全ての発症例に痛みがあるものではありません。筋肉が分離した部位を正常にサポートしていれば、自覚症状はほぼありません。

これらのことから、筋肉が十分に発達していれば問題ないのかというような錯覚を起こす場合もありますが、患部の筋肉は骨折によって弱くなりますこともありますので、そうとも言いきれません。

筋肉が未発達でありながら、若い時にはまだ健康な筋肉ですので、痛みは感じずに、成年期が過ぎ、筋肉に疲労を感じやすくなる頃に自覚症状は出やすくなります。ただし、痛みが無ければ普段の生活をすることにも全く問題はないという場合も多くあります。

体を捻ることと反ることが影響しますが、反る動作は発症後には特に問題が大きいようです。骨折した部位に対してそれを冗長し、また筋肉の痛みをも冗長してしまうと言われます。

急に反る動作に関しては、ぎっくり腰なども関係します。デスクワークなどを長時間して、急に立つ動作をしても、そのまま歩くと、患部は緊張したままの状態ですので注意が必要になってきます。


中川式腰痛治療法