TOP » 腰椎分離症1 » マッサージについて

マッサージについて




腰椎分離症は運動療法で筋力を強化することが主に効果的と言われていますが、痛み止めなどを併用してマッサージをする患者も多くいます。

マッサージとは、主に筋肉や腱を揉んだり、ほぐしたり、または関節を他の力で動かすなどをして、筋肉の痛みや疲労などを少しずつ取り除く方法です。

腰椎分離症かどうか分からないという状態で、すぐに通ったことのある接骨院や整体院へ行く方も多いようですが、まずは整形外科などで、正確な検査を受けることが薦められます。

触診だけでは腰椎分離症は分からないという医師は多く、また、部位的にしてもあまり効果がないという意見もあります。しかし、筋肉をほぐす効果がありますので、患部以外の筋肉を鍛えるためにも、リハビリの一環として行う価値はあるかと思います。

電車の駅構内などでは広告などを良く見かけますが、一日の疲れを取るために良く通われる方も多いことでしょう。これと同じことを患部を刺激することなく、継続することは改善のためにも優れた効果を発揮することかと思います。

マッサージを受ける場合に注意すべきことは、まずその方法が自分の症状に本当に適しているかどうか、よく確かめることです。

そして、、マッサージを受ける際に特に気を付けて頂きたいのが、患部を直接施術してもらわないことです。腰椎分離症は腰の痛みが激しいため、背中や肩、人によっては、足などにまで筋肉の緊張が及びます。

この筋肉の緊張をほぐしてもらうことにより、体が軽くなったり、痛みが多少軽減されますが、マッサージをしたからと言って、劇的に症状が良くなるものではありません。

あくまで、体をかばっている周りの筋肉の緊張をほぐす程度のものであって、腰椎分離症が治るわけではありません。また、患部を直接施術すると、ほとんどの場合、症状が悪化する恐れがあります。

ですので、腰椎分離症の人がマッサージを受ける際は、その点によく注意して行わないと、返って症状が悪化してしまうことにもなってしまいます。実際に試して、あまり効果がない、また、逆効果に感じる場合は、筋肉を傷めていることもありますので、即中止するようにしてください。

このように、保存療法には他にも様々な種類がありますが、同じ腰椎分離症でもそれぞれの治療方法には向き不向きがあります。それと同じように、合わないコルセットを装着すれば、症状は良くなりません。

マッサージなどは比較的軽い処置方法のように感じることも多いですが、安静にしていることとは全く違うと考えることが正しく、体操やトレーニングも同様です。普段から強めに指圧をしてもらう方も多いですが、これもあまり強くすると症状を継続させる可能性が高くなりますので、注意が必要です。


中川式腰痛治療法