TOP » 腰椎分離症1 » 放置の危険性

放置の危険性について




慢性的な腰の痛みやお尻の痛み、また、しびれなどが続いている方は、もしかしたら、腰椎分離症や椎間板ヘルニアなどの重い腰痛の症状になっているかもしれません。

腰椎分離症は、発症したばかりの状態ならば比較的楽に治療することができますが、放置すればするほど治療が難しくなるばかりか、別の病気を引き起こす可能性も出てきます。

ですので、腰椎分離症は少しでも早い治療がとても大切なのですが、そのまま放置してしまうと、まず根本から完治させることが難しくなります。

そもそも腰椎分離症とは、脊椎の骨と骨とをつないでいる椎間関節が疲労骨折を起こし、骨が十分に固定されなくなってしまった状態を指すのですが、その折れてしまった骨はしっかりと腰を固定して安静にしておかないと、上手く元の状態に戻りません。

また、成人を過ぎる頃には、椎間関節を元の状態に戻すことが非常に困難になってしまっている場合が多く、大人になってから後々後悔する方が後を絶ちません。

ですので、少しでも放置すると、腰椎は常に不安定な状態のままになってしまい、それが原因ですべり症や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症を引き起こし治療が困難になっていきます。

腰椎分離症そのものも十分厄介な病気ですが、それを元として発症する別の病気がさらに輪をかけて厄介です。特に脊柱管狭窄症は単純に痛みが強くなるだけでなく、脊柱管の中の神経が押し潰されることによって、体の様々な箇所に症状が表れます。

もし、脊柱管狭窄症を併発した場合は、下半身に痺れが表れ、進行するにしたがって、知覚障害や排泄障害などの後遺症が残るようになりますので、腰椎分離症と診断された場合は、少しでも早い治療をするようにして、絶対に放置しないようにしてください。


中川式腰痛治療法