TOP » 腰椎分離症1 » 診断について

診断について




腰椎分離症と診断された場合、よく整形外科などではスポーツ禁止、コルセットを付けてとにかく安静にしなさいと言われることが多いと思います。また、状態によっては、「一生治らない」と言われることもあります。

実際、病期が終末期であった場合には、骨癒合の期待ができないため、完治が難しくなると言われています。

しかし、ここではっきり申し上げておきたいのは、腰椎分離症を治すことは可能だということです。腰椎分離症と診断された場合、その後一生、腰の痛みと戦っていかなければならないのかというと、そんなことは決してありません。

これは、腰椎分離症に限った話ではなく、関節における疾患で非常によくある誤解なのですが、その人に合った対処法は必ずあり、完治させることは可能だということです。

腰椎分離症を患っている場合、かなりの激しい腰痛や、しびれが発生します。もちろん、何もせずにいれば、症状が悪化していくこともあります。

ですが多くの場合、適切な処置を施せば、従来通りの生活に戻ることは十分可能ですし、経過が順調であればスポーツに復帰することも可能です。

また、痛みやしびれの感じ方にも個人差があります。極端なケースでは腰椎分離症を患っていたとしても、特に問題を感じずに過ごしているという場合もあります。

一番怖いのは、「腰椎分離症=痛み」と思い込んでしまうことです。それらは誤解であり、適切な治療によって軽減することが可能だと理解することが大切なのです。

腰椎分離症の診断を受けて、痛みが強かった場合などは、必ず専門家の支持を仰ぎ、それに従うようにします。

特に、痛みが強い急性期の場合には、安静が必要となることもありますので、間違っても無理な運動や労働は避けてください。

また、逆に痛みがあまりないのであれば、体をどんどん動かして腰椎周りの筋力をつける努力をするようにします。腰椎分離症は体のバランスと筋力のバランスがしっかりとしていれば、疾患を発症していても痛みを伴うことはありません。

現にプロのサッカー選手やプロ野球選手など、画像診断上では腰椎分離症を発症していても、痛みが無い選手が大勢います。このようなことから、体のバランスと筋力がしっかりと付いていれば、痛みを発症することを防ぐことは可能なのです。

ですので、腰椎分離症を根本から改善するには、体のバランス、筋力のバランス、この2つをしっかりと体に身につけることなのです。この2つをしっかりと行ってもらえれば、痛みやしびれを改善させることは十分に可能なのです。


中川式腰痛治療法