TOP » スポーツ障害 » スポーツ障害

スポーツ障害




腰椎分離症は、脊椎が損傷することで発症する病状です。また、腰椎分離症はスポーツ障害として発生することが多いと言われています。

そう言われるようになるまでは、先天性の骨などの弱さが原因とされていましたが、スポーツ医学の発達によって、多くは少年期の過度の運動が一番の原因ということが多く言われます。

ですが、腰椎分離症はスポーツ障害以外の原因でも発症することがあります。それは、老化に伴う骨の弱体化が主なものです。

骨を過度に使いすぎ、負荷がかかりすぎることで発症しやすいと言われますが、特に運動後によくクールダウンしなかった場合に起こりやすく、負荷を引きずる状態が危険です。

また小学校の発育期に発症し、高校生になっても症状があるのに、気付かないことがよくあります。発症しやすい競技としては陸上競技がほとんどです。

特に上体を反らすことが難しくなることで、腰椎分離症の疑いが強くなり、テニスなどの上体を反らす競技が難しくなる例も多くあります。

また、腰椎分離症は多汗症などの病気と同じく、自覚症状が全くないケースも多く、そのほとんどは筋肉や靭帯が丈夫で、痛みが出ないように骨を十分にサポートしていると考えられます。

腰椎分離症になったからといって、運動をやめなければならないかどうかについては、賛否両論があります。的確にクールダウンすることをすれば問題がないという意見もあり、または、実際にすべり症に発展する危険が十分にあるという意見もあります。

また、腰椎分離症の治療として効果的なものもあります。それは、水泳です。これも賛否両論に分かれると言いますが、水泳は水中での浮力を利用して、常に負担を軽減できるため、水中歩行をリハビリとして取り入れる方は多いようです。

ですが、あまり激しい泳ぎをした場合には、余計に負担がかかることにもなりかねません。過度にしすぎるというのは、試合などで勝つために本気で努力するということに他なりません。

あらゆるスポーツをしてはならないということではなく、楽しむ程度にするということは健康にとても役に立ちます。


中川式腰痛治療法