TOP » スポーツ障害 » サッカーについて

腰椎分離症になる原因 サッカーについて




腰椎分離症の原因として最も多いのが、成長期の激しいスポーツです。この激しいスポーツにより、腰部の腰椎が負荷に耐えられなくなることが原因で、疲労骨折を起こしてしまうと言われています。

また、スポーツの中でも陸上でする、サッカーや野球、柔道などは腰椎分離症を引き起こす原因がとても大きいようです。サッカーは全員が走ることを止めない激しいスポーツです。足で蹴る動作をする場合、最も負荷がかかるのは足、そして腰椎です。

足で蹴る場合、上手くインパクト開放することが出来れば、ボールの方向に負荷は逃げますが、それが出来ない場合には、その力が反動として腰へ戻ってくるので、腰はダメージを貯めてしまいます。

走り疲れることはまた、バランスを維持する上で障壁となりますので、十分なスタミナを持っていなければなりませんが、成長期にはそれほどの体力はまだ出来ていない場合が多くあります。

サッカーをしている子供をサポートするコーチの方の多くが、この腰椎分離症に悩むと聞きます。やはり調子が良くても発症することもありますし、調子が悪くても発症しないケースもあるという複雑な問題です。

サッカーは特に転んだり、すべったりしてバランスを失うことが多いスポーツですが、腰椎分離症に特に悪いのは、捻りと反りの動作です。この動作をバランスの悪い状態でしてしまうと、ますます危険は高くなります。

また、やはり成長期には、技術を高めてから実践をする、という教え方は十分ではないでしょう。つい経験したこともないようなボールの蹴り方をしたくなる場合も多くあると思います。

また、原因となるスポーツを止めたくないという子供は多いでしょう。やはり定期的にレントゲンを撮るなどのチェックが必要です。スポーツジムなどに通うことも効果があるかもしれません。

筋肉の診断などをして、効果的にほぐしてくれるところなどもいいでしょう。このようなクールダウンをすることで、腰椎分離症の危険はかなり減ることになるかと思います。


中川式腰痛治療法