TOP » スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツをする人は腰椎分離症に注意しなくてはならない理由について


スポーツをしている人は、腰椎分離症に注意しておく必要があります。腰椎分離症は、スポーツをしている人に特になりやすい病気です。腰椎分離症を発症するとかなりの腰の痛みが続きますし、放置し続けると立てなくなってしまうこともあります。ですので、スポーツをしている人は、特に気を使って腰への負担に注意しておいた方が良いです。

腰は、どんな競技をする上でも基本となる大事な部分ですので、腰への負担は出来る限り減らすようにするか、徹底的に筋力トレーニングなどを行って強化する必要があります。試合中に腰を気にすることはほとんどないと思いますが、最低限負担が減るように工夫したほうが良いと思います。

上記で説明したように、腰はかなりの負担をしいられる場所です。ただ走るだけでも、多少の負担はあります。また、サッカーや野球となると腰の回転が重要になってきますので、かなり注意しないといけません。ただ、試合中に注意しても意味がありませんので、基本的には試合終了したらケアを徹底するようにしてください。ちなみに、無理に腰を動かそうとすると、かなり負担になりますので注意しましょう。

基本的に腰だけ動かずに、体全体で動かすようにすれば、体全体への負担に分散するので、そのように動けば腰椎分離症になり難くすることが出来るでしょう。これは、競技によって異なりますので、その競技に在った体の動かし方を考えてするようにしてください。このように腰椎分離症にならないように注意していれば、腰椎分離症を予防することができます。

ですが、いくら予防をしていたとしても腰椎分離症になってしまうことはありますので、もし、腰椎分離症を発症してしまったら、出来るだけ早くしっかりと治療を行ないつつ、体を適度に鍛えるようにしていきましょう。