TOP » 病院・手術 » 整形外科について

整形外科について




腰椎分離症の患者さんの中でも、整形外科で治療を受ける方は多く、レントゲンなどで撮影し、腰椎分離症の症状を明確にします。また、整体院などに通われている方は、どのような症状かを改めて確認する場合もあるでしょう。

しかし、最初は普通の整形外科ではなく、脊椎専門のところで検査を勧めるところも多くあります。また、MRIやCTという高度な技術を用いた画像診断が可能なところも多くあります。

整形外科やペインクリニックは西洋医学を基本に患者を診察し、治療を行うところです。まず問診をし、理学的なチェックをしてから、レントゲンを撮影し、医師との診察をします。

整形外科では多くの場合、保存療法を試します。保存療法には様々なものがありますが、まず、基本前提として急性期の痛みがある場合、安静にすることが推進されます。

また、コルセット着用を義務として、患部を固定させ、痛みに対しては鎮痛剤を服用していきます。腰椎分離症の急性期が過ぎて慢性期に入ると、今度は患部を温めていきます。

急性期は主に冷やしたり、安静にすることが求められますが、慢性期に入るとそれとは逆で、患部を温めたり、積極的に体を動かすことをし、腰椎周りの筋力強化を図っていきます。

また、腰椎分離症で比較的強い痛みが出現した場合には、ブロック注射を適用します。ブロック注射では患部に局所麻酔薬などを注射し、筋肉の凝りをほぐし、痛みの伝達をストップさせます。

ですが、ブロック注射は一時的に腰椎分離症の痛みを抑えているものだという認識を持って、治療を受けることが必要です。ブロック注射は麻酔が切れれば、痛みが再発しますし、ブロック注射で腰椎分離症が治ることはほぼありません。

このことを理解しておかないと、ブロック注射で痛みの症状が治るものだと勘違いしてしまい、治療後、あまり効果を感じなかったと肩を落とすことになります。ただ、一時的に痛みは抑えられますので、今の辛い状態をなんとかしたいという想いで受ける方は多くいます。

これらの保存療法は、全てを適用するということではなく、その人の腰椎分離症の症状に合わせて選択をしていきます。保存療法での基本は安静にすることですが、このことは、整形外科以外でも幅広く云えることでしょう。

腰椎に負担をかければ、それだけ痛みは増し、腰椎分離症の症状も悪化します。無痛整体などの激しい動きを強要するところもありますが、治療が終れば必ず安静にするように指示をされることでしょう。

整形外科は西洋的な外科手術をする場所です。症状が一向に改善しなかったり、下肢にもしびれが出るというケースでは手術を検討し、患者の準備を経て、入院することになります。最近では内視鏡を適用することも多く、入院も3日程度と短い場合が多いようです。


中川式腰痛治療法