TOP » 病院・手術 » 手術について

手術について




腰椎分離症はなかなか改善せず、下肢にも痛みが出現するというようになると手術を検討します。腰椎分離症の術法は主に大きく分けて2種類あります。まず、患部の除圧で処置が十分であると判断された場合には、内視鏡を用いた方法を検討します。

腰に約2センチ程度の切開をし、その部分から筒を挿入します。その筒の内部に、極小の極めて高性能な内視鏡を装着し、筒の先から患部へと通すことで、幹部を見える状態にします。

この方法では、約3日程度での退院となるケースが多くなります。入院期間は腰椎分離症の状態によっても異なってきますが、術後は柔らかいコルセットを装着し、そのまま外来での抜糸をするケースもあります。

内視鏡の手術は、神経を圧迫している骨を極小に削る技術が必要となり、熟練した医師の技が必要です。この内視鏡を用いた方法ではかなり入院期間を短縮できます。

もう1つの方法は、脊椎固定術です。脊椎を元の位置に戻す方法になります。患者の骨から移植をしたものを固定に使用する場合は、骨盤が多く用いられ、その他には人工の骨を使用するケースもあります。

また、金属でより強固に固定する場合もあります。これをインストルメンテーションと呼び、骨を使用した場合よりも退院は短くすることが可能です。背中の方から切開をして、神経の除圧も行い、脊椎に骨を移植する方法ですが、場合によっては腹部のほうから移植することをします。

特に固定術は腰椎分離症から、元の状態に戻す、治療になります。固定術の場合の入院期間は約一ヶ月程度です。また、術後は詳細なリハビリメニューをし、コルセットを常用します。特に固定術をする場合では、腰椎分離症患者さんの体に負担が大きく、高齢者などの場合では検討も重要となります。

このように、腰椎分離症の手術は患者への体の負担や再発のリスクがあるため、最終手段と言えます。腰椎分離症を根本から治すのであれば、運動療法がお薦めです。

運動療法とは、ストレッチや筋力トレーニングを行い、体全体のバランスを整えながら、腰椎周りの筋力、腹筋、背筋の筋力をつけていき、筋力のサポーターを体にまとうことにより、改善していく方法です。

そして、この運動療法でお薦めするのが、「中川式ストレッチ」です。中川式ストレッチを開発された、中川卓爾先生は、プロのスポーツトレーナーであり、阪神タイガースのトレーニングコーチや日本女子プロゴルフ協会のトレーナーを務めた経験のある先生です。

そして、この中川式ストレッチを行い、多くの腰椎分離症患者さんが改善に至っています。腰椎分離症を何とかして治したいという人は、一度、中川式ストレッチを試されることをお薦め致します。


中川式腰痛治療法