TOP » 病院・手術 » 画像診断について

画像診断について


腰椎分離症の症状が出た場合、まず画像診断を行うことがほとんどです。診断には単純にレントゲン検査、MRIやCTなど種類がありますが、まず最初はレントゲンによって異常がどれほどなのかを判断します。

レントゲンでは腰部を集中的に複数の角度から数回撮影します。また、レントゲンで大体の状態が分かった後、より詳細を見るために、腰椎分離症の疑いがあるケースでは、MRIという撮影法で診断をします。

この方法は腰椎分離症には最適な診断方法で、腰の状態をすぐに判断することが出来ます。MRIでは腫瘍や感染症などが無いかも分かります。しかし撮影時、大きな音がします。この音で患者さんによっては、気分が悪くなってしまう方もいます。

また、MRIは狭い箱の空間に閉じ込められますので、閉所恐怖症の方は撮影することが難しい場合があります。また、1回の撮影時間は30分~40分と長いのも特徴です。

ここ最近では、このような患者さんに対応するために、オープン型のMRIが多くみられるようになりました。しかし、オープン型のMRIはとても高額な医療機器のため、大きな大学病院や資本のある病院にしかないと言われています。

もし、自分が閉所恐怖症や血圧降下剤などの薬を服用していて、撮影により気分などを害した場合は、担当医に別の方法で診断してもらえるようお願いした方が良いと思います。

また、MRIで骨の癒合の可能性があると判断されると、CT技術を使用して撮影をすることがあります。

レントゲンの場合、側面からの画像で分かることもありますが、斜めからの撮影をする斜位撮影で分離部がより分かりやすい場合が多く、また腰椎の椎弓は犬のような形に写ります。

腰椎分離症があった場合、その首にあたる部分に亀裂が入り、または犬の首輪のように見えます。このことから、「teria neck sign」と呼ばれることもあります。また、急性期の痛みが出た直後はレントゲンでは分かりずらいことが多く、MRIなどを用いることが多くなります。

腰椎分離症は、第五腰椎に発症することがほとんどですので、その部分の画像を集中的に観察します。腰椎の後ろ側の半分は、リング状の構造になっている椎弓ですが、この部分が過度の運動などによってストレスを受け、まただんだんとヒビが入り、分離が起こってしまいます。

これらの腰椎分離症の診断方法は病院での診察の最初に行いますが、手術の前後でも大事な役目を果たします。骨の状態が見えなければ、触診などをするしか方法がありませんが、画像撮影を用いることで治療の時間を大幅に短縮することができます。


中川式腰痛治療法