TOP » 病院・手術 » 病院について

病院について




腰椎分離症の症状が比較的軽い場合であれば、自宅に近い整形外科で診てもらえれば十分かもしれませんが、より重度が高いと診断された場合などは、腰椎分離症の専門医がいる病院を選ばれることをお薦め致します。

主に病院での治療ではレントゲンでの所見の結果、腰椎分離症かどうが判断が下されます。レントゲンでは側面からの撮影や斜面からの撮影をしますが、腰椎分離症の場合は、斜面撮影が効果的のようです。

また、レントゲンで異常が診られるというケースで、より詳細を診るためにMRIなどのコンピュータ撮影をする場合もあります。MRIは腫瘍や感染症などの疑いがある場合に効果的な診断方法です。

理学的な検査や問診が終りますと、医師との診察に入ります。レントゲンやその他の画像撮影の結果を踏まえ、症状の説明や病名、質疑応答やリハビリのメニューについての説明などが主な内容です。痛みがあるようであれば、コルセットを装着したり、鎮痛剤を投与します。

初診が終ると、定期的に通院しながら、自宅では出来るだけ安静にして、コルセットも出来るだけ装着しながら、鎮痛剤を服用したりして様子を見ます。

しかし、いつまでも安静にばかりしていると、腰椎分離症が治ることはありません。腰椎分離症を根本から改善するには、腰椎周りの筋力強化と体のバランスをしっかりと整えることが必要になってきます。

ですので、痛みがあるからといって、いつまでも安静にしているのではなく、痛みがある程度、落ち着いてきたら、簡単なストレッチや軽い筋力トレーニングなどをしながら、腰椎分離症の改善を試みることが必要になります。

ですが、腰椎分離症の症状が重くなった場合には、ブロック注射をして痛みを抑えることもあります。ブロック注射は筋肉の緊張をほぐし、また、効果的に血行を改善します。この方法で自然治癒をすることが出来たという方も多いようです。

しかし、ブロック注射はあくまでも薬と一緒で一時的な麻酔に過ぎません。痛みを発症している神経に注射を打ち、痛みをブロックしているだけのものです。ですので、注射の効果が切れれば当然のことながら痛みは再発します。

ブロック注射で改善されたという方は稀で、腰椎分離症を根本から改善するには、先程ご説明した通り、体のバランスを整え、腰椎周りの筋力強化をすることが必須になります。

その他に腰椎分離症が全く改善しない、または痛みなどが重くなるというケースでは手術を検討していきます。手術には除圧するタイプと固定するタイプがありますが、除圧術では3日ほどで退院するケースも少なくなく、抜糸も外来で行うほどシンプルなものです。

ですが、手術は再発のリスクが高いため出来るだけ避ける方が無難です。腰椎分離症の手術をされた、95%以上の方は半年以内に再発しています。

ですので、先程から何度もご説明していますが、腰椎分離症を改善するには、体のバランスをしっかりと整えた上で、腰椎周りに適切な筋力をつけていくことが推進されます。


中川式腰痛治療法