TOP » 病院・手術 » CTについて

CTについて


腰椎分離症を診断する場合、必ず画像検査を受けることになります。また、腰椎分離症の検査を病院で受ける場合、レントゲンでは分かりにくい場合があります。その場合、CTを用いてより詳細をチェックすることが多くなります。

CT検査とは、エックス線を用いてコンピュータ断層撮影を行う検査方法です。腰椎の切断面を画像として作成しますが、5ミリほどに区切って撮影することで、より詳細までが分かるようになります。

また、血管内に造影剤を注入することで、より細かな症状まで分かるようになります。例えば、レントゲン写真では分からないような、複雑な骨の形や、腫瘍、感染症の有無などが主な例です。

また、個人開業しているような整形外科では、設備があまり整っていないため、レントゲン撮影のみ行われる場合がほとんどです。

しかし、それでは腰椎分離症の詳細がはっきりと分からないことが多いため、しっかりと腰椎分離症を診断してもらうためには、CTやMRIなどの設備が整った、大学病院などで検査を受けることをお勧めします。

また、腰椎分離症は急性期の場合はかなりの腰の痛みがありますが、慢性期の場合ですと、比較的に痛みが軽いこともあるため、自覚症状に気が付かない方が多くいます。

そして、しっかりと診断しなかったことにより、後々になって激しい腰の痛みに襲われることが多くあります。しかし、その時点では既に遅く、しっかりと検査をしなったことを後々後悔することになります。このようなことにならないために、CTなどを使い、早い段階で診断することが勧められます。

もう1つの診断方法としてMRIという検査の方法があります。MRIと聞いて名前位は知っている方は多いでしょう。しかし、症状によって、向き不向きがあります。

背骨の椎体が変性を起こしたり、靭帯が硬くなったりする症状では、CTのほうがマッチしていると云われます。また、腰椎の椎間板のヒビや癌による骨の変性などはMRIのほうがチェックしやすいと言われています。

また、MRIは撮影に時間がかかってしまうという面もあります。医師がどの方法を決断する目安として、患者からどちらで診断して欲しいかは、お願いすれば希望の診断方法を受けることは可能です。

CTの最新のタイプでは三次元の立体画像を作成出来るものもあります。また、このような高度な診察方法は初診の際以外はあまり用いることはありません。レントゲンでも過去のデータからの推移が出来ますので、腰椎分離症の術後の経過をチェックする際もほぼレントゲンがメインになるでしょう。

また、早期に腰椎分離症を発見をすればレントゲンだけで済むという場合も多くなるそうです。やはり腰椎分離症の疑いが出たら、早めに病院に行って検査を受けることがお薦めです。


中川式腰痛治療法