TOP » 腰椎分離症2 » 家事をする時の注意点

家事をする時の注意点




腰椎分離症を患っている人の中には、普段、家で家事をしている方もたくさんいらっしゃると思いますが、家事は日常生活を送る上で、腰に大きな負担をかけてしまう要因の一つです。

ですので、家事を行う際には常に腰にかかる負担に気をかける必要があります。まず、風呂掃除や雑巾がけなどの低い位置で作業を行う場合。

このようなときには中腰になって作業する人が多いと思いますが、中腰は腰への負担が大きいので、できるだけ控えた方がいいです。このような作業をする場合、腰を下して作業するようにします。

掃除機をかける時や、料理で包丁を扱う時は、前かがみになることが多いですが、やはりこの姿勢も腰によくないので、工夫が必要です。

掃除機をかける時には、掃除機のホースを最大まで伸ばして、腰を曲げないようにします。料理のときには椅子に座りながら作業すると、腰も曲げずにすむし、ずっと立って作業することによる疲れを軽減することもできます。

ただし、ずっと同じ姿勢を続けているのもよくないので、適度に立ったり座ったりして、筋肉の緊張を解いたり、血流の流れを良くしましょう。

洗濯は、腰に負担をかける機会が非常に多いので特に注意が必要です。洗濯物を運ぶ時、一度にたくさん運ぼうとするとかなりの力を必要としますので、無理せず数回に分けて運びましょう。

洗濯物を干すときは、洗濯物を低い位置に置かないで、台の上に置いて物干し竿との高低差をできる限り減らすことで、腰を曲げたり伸ばしたりする手間を減らすことができます。

また、物干し竿の高さにも注意が必要です。背伸びは腰に悪い姿勢の一つなので、高い位置で作業する場合、踏み台を用意しておくいいでしょう。

このように少し気を配るだけで、腰にかかる負担を軽減することができますので、家事を多くする方は、腰椎分離症を発症させないためにも、意識して家事を行うようにしてください。


中川式腰痛治療法