TOP » 腰椎分離症2 » 早期発見する方法

腰椎分離症を早期発見する方法




腰椎分離症は、腰椎の椎体の後ろ側に存在する、「椎弓」という部位で発生する疲労骨折のことを指します。また、子どもの発症率がとても高いのが特徴ですが、子どもだけに限らず、老人までのあらゆる年齢層で発症する可能性があります。

特に、最近では成長期におけるスポーツ活動が原因となって発症する可能性が高いということから、「思春期脊椎分離症」という名称を用いて、年齢層で分けて扱われるほど、思春期(成長期)に多く発症しています。

腰椎分離症は、早期診断によって、初期の段階で症状を発見することができると、椎弓の疲労骨折を起こした部位の骨癒合が期待できる可能性があります。スポーツが原因で発症した場合、当該スポーツを一旦休止し、専用コルセットを装着しての治療が開始されます。

ただ、若い年齢であっても、必ずしも骨癒合が期待できるわけではありません。骨の成長にも個人差があり、早い場合だと中学生のうちに発育が終了してしまって、骨癒合が期待できなくなる場合もあるからです。

ここが、腰椎分離症の治療において、早期発見が重要視される要因です。早期発見がなされ、かつ骨癒合の期待が出来る場合には、最終的に骨癒合を目指して、専用コルセットなどを装着しつつ治療を行なっていきます。

もし、早期発見がなされずに終末期と診断された場合には、多くの場合、骨癒合は期待できません。そのケースでは骨癒合を目指すのではなく、筋トレなどを行いながら痛みをコントロールしつつ、スポーツや職場復帰に向けた治療を優先することになります。

また、腰椎分離症は感じる痛みにも個人差があり、極端なケースでは気づかないまま特に問題もなく過ごしていた、ということもあります。そのため、ちょっと痛めただけかな?と自己判断を下し、結果発見が遅れてしまうことにもなるのです。

このようなことがないよう、成人の方は腰に痛みを感じたら出来るだけ早く病院などに行き、診断を受けるようにしてください。

また、思春期のお子様をお持ちの親は、子供の腰に異常がないかなど、普段から気に掛けるようにして、異常を感じたらすぐに診断を受けることです。終末期の状態になってしまう前に、出来るだけ早い発見が腰椎分離症には求められます。


中川式腰痛治療法