TOP » 腰椎分離症2 » 寝具について

寝具について




腰椎分離症は腰に過剰な負担がかかることが原因で、発生する病気です。この病気を予防するには普段の生活で腰に負担をかけないよう心がけることが大切です。

普段自分で意識することがあまりない睡眠中の腰の負担にも気をつける必要があります。そのためにも自分の体に合った寝具を用意する必要があります。

人はただ立っているだけで背骨に負担をかけますが、眠っている間はその負担から開放されます。

ですが、寝具が自分の体に合わないと、必要以上に背骨を曲げて眠ることになり、逆に背骨の一部に多くの負荷を掛けることになってしまいます。

例えば、やわらかすぎる敷布団やベッドの場合、腰が沈み込むことで背筋を曲げた状態で眠ることになりますし、高すぎる枕を使用すれば、首を常に曲げた状態のまま固定されてしまいます。

こうなるとせっかく身体を休めるための睡眠時間でも、背骨に掛かる負担はむしろ増えてしまいますし、腰椎分離症を発症しやすくなってしまいます。

ですので、布団を選ぶ時は、自分の体重をある程度支えて、背筋がまっすぐな状態で眠りにつけるようなものを選んだり、自分の普段の眠る態勢を考慮した高さの枕を用意するなど、快適に眠ることが出来る寝具を用意しましょう。

自分に合ったものは腰椎分離症の予防はもちろん普段の生活の疲れを癒すのにも活躍してくれます。

枕一つ替えるだけでも寝心地が大きく変わりますし、寝具一式を完璧な状態にすれば一日の疲れを残さずに次の一日を送ることが出来るようになります。

健康な心と身体を作るためにも、心地よい睡眠を取ることができる自分に適したものを使用するようにしてみてください。きっと、体の変化に気が付くはずです。


中川式腰痛治療法